メディカルトラストは企業における健康管理のアウトソーシング専門会社です
トップページ  プライバシーポリシー  当サイトについて  サイトマップ
サービス案内手続き・お問合せ企業情報産業保健の基礎知識採用情報

医師面談サービス

トップページ > サービス案内 > 医師面談サービス
サービス案内

医師面談サービス

メディカルトラストの医師面談サービスでは法律で義務付けられた面接を含め事業場の従業員が毎日健康にお仕事に従事するために必要な医師による面談を全国のメディカルトラスト産業保健室及び提携医院・クリニックでご提供しています。

・過重労働者面接 ・健康診断後の面接指導
・休職・復職面談 ・メンタルヘルス面談
・就労判定  

=労働安全衛生法による企業への義務付け=

労働安全衛生法で事業場はその使用する人数に関わらず、従業員の健康管理に対して以下の業務を義務付けられています。
1)医師による健康診断後の意見聴取(具体的には就労判定及び面談による指導等)
2)100時間以上の残業を行った従業員が申し出た場合に、医師による面接指導(過重労働面接)

現在様々な報道などで、企業におけるメンタルヘルス問題が大きく取り上げられています。従業員の健康と企業のリスク管理の一環として、医師が問題を抱えた社員を対象に、メンタルヘルス面談や休職・復職面談を行い、専門的な見地から意見を述べる必要性が大きくなってきています。

メディカルトラストの医師面談サービス

よくあるお困りのケース

CASE 1

全国展開している企業で、本社や大都市の支店には産業医を選任していても、産業医選任義務のない小規模な地方拠点では十分な体制が取れず、上記の法令義務を果たせていない。

CASE 2

企業内でメンタルヘルス問題が発生した際に所属の産業医が専門外で対応ができない。

CASE 3

メンタルヘルスで休職していた従業員が復職を希望する際に人事担当者が復職させて良いか判断に困る。

こうしたお困りを解消するため、メディカルトラストの医師面談サービスではメディカルトラスト各拠点の産業保健室(東京、名古屋、大阪)及び提携医院・クリニック(47都道府県約270の医療機関と提携)にて必要な時に必要な場所で産業保健の知見のある医師による面談(健康診断後の面接指導、過重労働面接、休職・復職面接、メンタルヘルス面談等)を行うことができます。

こうした面談を行うことにより、地方の小規模拠点従業員を含めた全従業員の健康状態の把握と必要な就業上の配慮を行うこと可能になり、労災リスクの大幅な低下につながります。
また、休職・復職面談及びメンタルヘルス面談については面接経験豊富な精神科・心療内科専門医が面談を行います。面談後に医師から発行される意見書は、特に休職・復職面談については主治医の診断・判定に対してのセカンドオピニオンとして従業員の休職・復職を判断される際の有用な材料となります。

メディカルトラスト産業保健室

東京・名古屋・大阪の3拠点に産業保健の経験豊かな精神科・心療内科・内科など様々な専門医が日替わりで常駐します。上記全ての種類の面談が可能です。
>>>「産業保健室」詳細はこちら

メディカルトラスト東京産業保健室では、海外の従業員とWEBでつないで面談をおこなうことができます。
>>>「WEB面談システム」詳細はこちら

全国医師面談ネットワーク

47都道府県270ヶ所の医院・クリニックと提携。

270カ所の提携医院・クリニックのうち、30カ所の精神科・心療内科医院で休職・復職面談、メンタルヘルス面談が可能です。

>>>「休職・復職面接」詳細はこちら

270カ所の主に内科系医院で健康診断後の面接指導、過重労働者面接が可能です。(休職・復職面談、メンタルヘルス面談は実施不可)

>>>「過重労働者面接」詳細はこちら

お問合せフォームはこちら

お問合せはこちら・・・
ご相談、お見積りは、無料です。ご安心ください。

ページの先頭へ戻る